濱嘉之 「警視庁公安部・片野坂彰」シリーズ読む順番【紅旗の陰謀】

スポンサーリンク

警視庁公安部・片野坂彰シリーズ読む順番は?

濱嘉之 さんの小説「警視庁公安部・片野坂彰」シリーズ読む順番まとめ。

警視庁公安部・片野坂彰」シリーズ読む順番
①警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾
②警視庁公安部・片野坂彰 動脈爆破
③警視庁公安部・片野坂彰 紅旗の陰謀
現在3巻まで刊行されています。

最新刊は「警視庁公安部・片野坂彰 紅旗の陰謀」。

2021年1月4日発売。

警視庁公安部・片野坂彰シリーズあらすじは?

①警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾

リアル公安小説の新シリーズ始動!
この男、天才か、変人か? 若き国際派公安マンが日本を守る!

「この国に真の諜報組織をつくれ!」。
警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン片野坂彰。
最強の先輩情報官と、音大出身で三か国語を操る女性捜査官を相棒に、特捜チームが始動する。

最初の事件は、国境を望む対馬。
一撃で三人を殺した黒幕は――。

大人気の青山望シリーズに続く、公安小説の最先端!

②警視庁公安部・片野坂彰 動脈爆破

中国マフィアと中東過激派の悪の連携に挑む、片野坂彰ら警視庁公安部
日本の新動脈を守れ!

世界遺産カッパドキアで、日本人男女の誘拐事件が発生!
しかも一人は現役外務省職員だった。
警視庁公安部付・片野坂彰率いる精鋭チームの捜査から、中東・中国・韓国を結ぶ恐るべき悪の連携が浮かび上がる。
そして国家を危機に陥れる陰謀が明らかに!
狙われた日本の「動脈」とは?

片野坂彰のチームが活躍する、書下ろし公安シリーズ第二弾!

③警視庁公安部・片野坂彰 紅旗の陰謀

パンデミックで脅かされる日本の食糧安保。
「警視庁公安部・片野坂彰」シリーズ第3弾!

新型コロナウイルスが蔓延する中、茨城で牛泥棒のベトナム人が斬殺された。
同じ頃、警視庁公安部付・片野坂彰は、チャイニーズマフィアの仕切る売春組織に注目。
片野坂率いる精鋭チームの調査により、中国政府の企てる陰謀に気付く。
やがてコロナに乗じた国家ぐるみの“食の簒奪”の全貌が明らかに。
書き下ろし公安シリーズ第3弾!