中山七里「能面検事」シリーズ読む順番

スポンサーリンク

能面検事シリーズ読む順番は?

中山七里さんの小説「能面検事」シリーズ読む順番まとめ。

能面検事シリーズ読む順番
①能面検事
②能面検事の奮迅

現在2巻まで刊行されています。

最新刊は「能面検事の奮迅」。

2021年7月発売。

能面検事シリーズあらすじは?

①能面検事

大阪地検一級検事の不破俊太郎はどんな圧力にも屈せず、微塵も表情を変えないことから、陰で〈能面〉と呼ばれている。新米事務官の総領美晴と西成ストーカー殺人事件の調べを進めるなかで、容疑者のアリバイを証明し、捜査資料が一部なくなっていることに気付いた。これが大阪府警を揺るがす一大スキャンダルに発展して――。一気読み必至の検察ミステリー!

②能面検事の奮迅

忖度しない! 空気を読まない! 完全無欠の司法マシン、再臨。大阪地検一級検事・不破俊太郎、政治とカネの闇にかき消された真実を暴く。”どんでん返しの帝王”が描く、人気検察ミステリーシリーズ第2弾。