大山淳子「あずかりやさん」シリーズ読む順番【まぼろしチャーハン】

スポンサーリンク

あずかりやさんシリーズ読む順番は?

あずかりやさんシリーズ読む順番
①あずかりやさん
②あずかりやさん 桐島くんの青春
③あずかりやさん 彼女の青い鳥
④あずかりやさん まぼろしチャーハン
最新刊は「あずかりやさん まぼろしチャーハン」。

2020年12月9日発売。

あずかりやさんシリーズあらすじは?

①あずかりやさん

「一日百円で、どんなものでもあずかります」 東京の下町にある商店街「明日町こんぺいとう商店街」のはじっこで、物静かな店主がひっそりと営業するお店「あずかりや・さとう」。店を訪れる客たちは、さまざまな事情を抱えて「あるもの」をあずけようとするのだが……。大人気「猫弁」シリーズの著者が紡ぐ、ちょっと不思議で、せつなく心あたたまる物語。

②あずかりやさん 桐島くんの青春

東京の下町でひっそりと営業する「あずかりや」。店を訪れる客たちは、さまざまな事情を抱えて品物をあずけにくる。どんなものでも一日百円。店主の桐島はなぜこんな奇妙な店を開いたのか? 理由は、桐島の青春時代に隠されていた--。

③あずかりやさん 彼女の青い鳥

一日百円で何でも預かります。東京の下町でひっそりと営業する「あずかりや」。13年前に封筒を預けた老女の真実、鳴かず飛ばずの中年作家はなぜか渾身の一作を預けようとし、
半年分の料金を払って手紙を預けた少女と店主が交わした約束とは……。ベストセラー待
望の第三弾。

④あずかりやさん まぼろしチャーハン

一日百円で何でも預かります。東京の下町でひっそりと営業する「あずかりや」。「半年後に引き取りにこなかったらポストに投函して」と店主に託された手紙の行方は? 突然店にかかってきた電話の相手は、意外な女性で…。高倉健、緒形拳、石原裕次郎の三人が預けた「ある物」とは? 日本屈指の盆栽の名人が遺した名木を、不肖の孫が受け継いだことから巻き起こる大騒動……累計25万部突破、ほっこり切ない人気シリーズ第4弾。