富樫 倫太郎「ファイヤーボール」生活安全課0係シリーズ読む順番

スポンサーリンク

生活安全課0係シリーズ読む順番は?

富樫 倫太郎さんの小説「生活安全課0係」シリーズ読む順番は以下の通りです。

生活安全課0係シリーズ読む順番
①生活安全課0係 ファイヤーボール
②生活安全課0係 ヘッドゲーム
③生活安全課0係 バタフライ
④生活安全課0係 スローダンサー
⑤生活安全課0係 エンジェルダスター
⑥生活安全課0係 ブレイクアウト
以上、刊行順に読む順番を並べました。

生活安全課0係シリーズ読む順番は?

①生活安全課0係 ファイヤーボール

空気は読めないが人の心は読める”変人キャリア刑事の「非常識捜査」。まばたき、爪先の向きなど、相手の表情、仕種から知識と独特の観察眼で真相を暴いてゆく異色シリーズ第一弾!そんな彼が連続ボヤ事件で興味を示した手掛かり、ファイヤーボールとは?

②生活安全課0係 ヘッドゲーム

生活安全課「なんでも相談室」、通称〇係に持ち込まれた名門高校の女子生徒の飛び降り自殺事件。KY(空気が読めない)変人キャリア刑事が鋭い観察眼で人の心を見抜き真相に迫る!

③生活安全課0係 バタフライ

生活安全課「何でも相談室」、通称ゼロ係に小学生から相談事が持ち込まれた。少年の祖母宅に大金が投げ込まれたのだという。しかも調査するうちに、同じマンションの別宅も違う額の金を受け取っていたと判明する。お札を調べ始めた冬彦は、あることに気付くが…。

④生活安全課0係 スローダンサー

「彼女の心は男性だったんです」親友の焼身自殺に疑問があると、若い女性が杉並中央署生活安全課「何でも相談室」通称0(ゼロ)係を訪れた。自殺した女性は性同一性障害で、男性として生きていたにも拘わらず、遺体に性交渉の痕跡があったという。0係の変人刑事・小早川冬彦は、相棒の高虎と彼女の人間関係を洗い直すが……。

⑤生活安全課0係 エンジェルダスター

新聞記者の笹村に脅迫状が届いた。五年前、笹村は誤ってある女生徒がいじめの加害者ととれる記事を書き、自殺に追いやっていた。当時、彼女の父親に娘が生まれたら殺すと凄まれた笹村は、去年女児を授かり復讐を恐れているという。杉並中央署生活安全課「何でも相談室」通称0係の面々は父親の行方を捜すが…。

⑥生活安全課0係 ブレイクアウト

娘から電話がかかってきた――。杉並中央署生活安全課「何でも相談室」通称0係に行方不明の女子高生・真紀の母親が訪ねてきた。早速、0係の冬彦と高虎が真紀の足取りを辿ると、父親との軋轢が浮上、さらに親友・紀香と晴美が何かを隠していると気づく。そんな中、大金を盗まれた相談者の孫が晴美だということが判明、金の問題も絡まって……。

「生活安全課0係」最新刊は?

現在6巻まで刊行されています。

「生活安全課0係」の最新刊は「生活安全課0係 ブレイクアウト」。