有川ひろ「図書館戦争」シリーズ読む順番【完結】

スポンサーリンク

図書館戦争シリーズ読む順番は?

有川ひろさんの小説「図書館戦争」シリーズ読む順番まとめ。

図書館戦争シリーズ読む順番
①図書館戦
②図書館内乱
③図書館危機
④図書館革命
⑤別冊 図書館戦争1
⑥別冊 図書館戦争2

本編の図書館戦争シリーズ4巻。外伝2巻。

合計6巻で完結しています。

ペンネームの表記は改名前の有川浩です。

図書館戦争シリーズあらすじは?

①図書館戦争

2019年。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年。日本はメディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げていた。笠原郁は、図書特殊部隊に配属されるが……。

②図書館内乱

両親に防衛員勤務と言い出せない笠原郁に、不意の手紙が届く。田舎から両親がやってくる!? 防衛員とバレれば図書隊を辞めさせられる!! かくして図書隊による、必死の両親攪乱作戦が始まった!?

③図書館危機

思いもよらぬ形で憧れの”王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展してしまう!?

④図書館革命

正化33年12月14日、図書隊を創設した稲嶺が勇退。図書隊は新しい時代に突入する。年始、原子力発電所を襲った国際テロ。それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった。シリーズ完結巻。

⑤別冊 図書館戦争1

晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、笠原郁の悩める恋はどこへ行く!? 番外編第1弾。

⑥別冊 図書館戦2

“タイムマシンがあったらいつに戻りたい?” 図書隊副隊長緒形は、静かに答えた――「大学生の頃かな」。平凡な大学生だった緒形はなぜ、図書隊に入ったのか。取り戻せない過去が明らかになる番外編第2弾。