相沢沙呼「マツリカ・マジョルカ」マツリカシリーズ読む順番

スポンサーリンク

マツリカシリーズ読む順番は?

相沢沙呼さんの小説「マツリカ・マジョルカ」マツリカシリーズ読む順番まとめ。

マツリカシリーズ読む順番
①マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ
②マツリカ・マハリタ 「マツリカ」シリーズ
③マツリカ・マトリョシカ 「マツリカ」シリーズ
現在3巻まで刊行されています。
最新刊はマツリカ・マトリョシカ。
2020年3月に発売されています。

マツリカシリーズあらすじは?

①マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ

柴山祐希、高校1年。クラスに居場所を見付けられず、冴えない学校生活を送っていた。そんな彼の毎日が、学校近くの廃墟に住む女子高生マツリカとの出会いで一変する。「柴犬」と呼ばれパシリ扱いされつつも、学園の謎を解明するため、他人と関わることになる祐希。逃げないでいるのは難しいが、本当はそんな必要なんてないのかもしれない……彼の中で何かが変わり始めたとき、自らの秘密も明らかになる出来事が起こり!? やみつき必至の青春ミステリ。

②マツリカ・マハリタ 「マツリカ」シリーズ

学校の怪談『顔の染み女』を調べていると、別の『開かずの扉の胡蝶さん』の噂が柴山の耳に入る。その部屋で、トルソーを死体に見立てた殺人(?)事件が発生。クラスメイトと柴山が、二重の密室の謎に迫る!

③マツリカ・マトリョシカ 「マツリカ」シリーズ

新学期を迎えなかなかクラスになじめない柴山の下に、一年生の時に自殺をした生徒が、時々霊になって現れるという怪談話が舞い込んだ。その真実を突き止めるため、マツリカと共に捜査を開始した柴山だったが…!?

 

続編小説
スポンサーリンク
15,000STEPS