行成薫「名も無き世界のエンドロール」シリーズ読む順番【2021年映画化】

スポンサーリンク

「名も無き世界のエンドロール」シリーズ読む順番は?

行成薫さんの小説「名も無き世界のエンドロール」シリーズ読む順番まとめ。

映画はエイベックス・ピクチャーズの配給で2021年1月に劇場公開。

「名も無き世界のエンドロール」シリーズ読む順番
①名も無き世界のエンドロール
②彩無き世界のノスタルジア
現在2巻まで刊行されています。

最新刊は「彩無き世界のノスタルジア」。

2020年12月に発売。

「名も無き世界のエンドロール」あらすじは?

①名も無き世界のエンドロール

【第25回小説すばる新人賞受賞作】ドッキリを仕掛けるのが生き甲斐のマコトと、それに引っかかってばかりの俺は、小学校時代からの腐れ縁だ。30歳になり、社長になった「ドッキリスト」のマコトは「ビビリスト」の俺を巻き込んで、史上最大の「プロポーズ大作戦」を決行すると言い出した――。一日あれば、世界は変わる。男たちの命がけの情熱は、彼女に届くのか? 大いなる「企み」を秘めた衝撃作。

②彩無き世界のノスタルジア

過去を捨て、裏社会で生きる「交渉屋」のキダ。キダに仕事を発注、交渉時に使用する銃器や爆発物を調達するなど、表向きの輸入代行業とは別に裏稼業を営む会社「川端洋行」に、ある日両親を殺されたという少女・彩葉(いろは)が訪れる。その子の世話を押し付けられたキダは彩葉を匿うことになり、奇妙な共同生活がスタートする。彩葉と暮らすうち、孤独に暮らしていたキダの世界に鮮やかな色が満ちていく。しかし、その裏で蠢く影が、次第にキダを飲み込もうとしていた。やがて明らかになる彩葉の真実とは――。『名も無き世界のエンドロール』の結末から五年後の物語。

「名も無き世界のエンドロール」2021年映画化

「名も無き世界のエンドロール」が映画化されます。

配給はエイベックス・ピクチャーズ。

2021年1月に公開。

主演は岩田剛典さん、新田真剣佑さん。

続編小説
スポンサーリンク
15,000STEPS