カリン・スローター「開かれた瞳孔」グラント郡シリーズ読む順番

スポンサーリンク

グラント郡シリーズ読む順番は?

カリン・スローターさんの小説「開かれた瞳孔」グラント郡シリーズ読む順番まとめ。

グラント郡シリーズ読む順番
①開かれた瞳孔  グラント郡シリーズ
②ざわめく傷痕  グラント郡シリーズ
現在2巻まで刊行されています。
最新刊は「ざわめく傷痕  グラント郡シリーズ」。
2020年12月発売。

グラント郡シリーズあらすじは?

①開かれた瞳孔  グラント郡シリーズ

小さな町のレストランのトイレで、大学教授の女性が腹部を十字に切り裂かれて殺害された。
偶然にも第一発見者となった検死官サラは、迷いのない切創と異様な暴行の痕に戦慄を覚える。
しかも犯人は被害者の習慣を熟知した人物――この町に暮らす顔見知りに違いない。
捜査が難航するなか、第二の事件が発生。犯人の影はサラに忍び寄っていた……。
MWA賞受賞作家の原点、震撼サスペンス!

②ざわめく傷痕  グラント郡シリーズ

賑やかな週末のスケート場で起きた発砲事件。
仲間といた少年が襲われ、犯人の十代の少女は警官によって射殺された。
現場付近のトイレから未熟児の遺体が見つかり、少女の赤ん坊と推測されるなか、
検死官サラは彼女の亡骸に暴行とレイプの痕跡を発見する。
だが少女の下腹部には、出産できないようにむごい傷がつけられていた。
捜査が暗礁に乗り上げたとき、さらにひとりの少女がさらわれ――。

海外小説
スポンサーリンク
15,000STEPS