柚月裕子「最後の証人」佐方貞人シリーズ読む順番【検事の信義】

スポンサーリンク

佐方貞人シリーズ読む順番は?

柚月裕子さんの小説「最後の証人」佐方貞人シリーズ読む順番まとめ。

佐方貞人シリーズ読む順番
①最後の証人
②検事の本懐
③検事の死命
④検事の信義
以上、刊行順に読む順番を並べました。

佐方貞人シリーズあらすじは?

①最後の証人

検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにも拘わらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり……。

②検事の本懐

連続放火事件に隠された真実を追究する「樹を見る」、東京地検特捜部を舞台にした「拳を握る」ほか、検事・佐方貞人が活躍する、法廷ミステリー第2弾。第15回大藪春彦賞受賞。

③検事の死命

郵便物紛失事件の謎に迫る「心を掬う」、検事の矜持を描いた「死命を賭ける」ほか、検事・佐方貞人が活躍する、法廷ミステリー第3弾。

④検事の信義

任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。
昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。
しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。
独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった……。(「信義を守る」)

佐方貞人シリーズ最新刊は?

現在4巻まで刊行されています。

最新刊は「検事の信義」。