ダン・ブラウン「天使と悪魔」ロバート・ラングドンシリーズ読む順番

スポンサーリンク

ロバート・ラングドンシリーズ読む順番

ダン・ブラウンさんの小説「天使と悪魔」ロバート・ラングドンシリーズ読む順番まとめ。

ロバート・ラングドンシリーズ読む順番
①天使と悪魔
②ダ・ヴィンチ・コード
③ロスト・シンボル
④インフェルノ
⑤オリジン
現在5巻まで刊行されています。
最新刊はオリジン。

ロバート・ラングドンシリーズあらすじは?

主役のロバート・ラングドンはハーヴァード大学の教授。宗教象徴学が専門。

CERNからの依頼でイルミナティの紋章を解説を求められます。

研究所の科学者レオナルドが殺された際に胸に焼き付けれていた紋章。その謎を追うためにレオナルドの娘がいるローマに向かいます。

①天使と悪魔

ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは16世紀に創設された科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼き印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに反物質の大量生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持ち込まれていた──。

②ダ・ヴィンチ・コード

ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気付く……。

③ロスト・シンボル

世界最大の秘密結社、フリーメイソン。その最高位である歴史学者のピーター・ソロモンに代理で基調講演を頼まれたラングドンは、ワシントンDCへと向かう。しかし会場であるはずの連邦議会議事堂の〈ロタンダ〉でラングドンを待ち受けていたのは、ピーターの切断された右手首だった! そこには第一の暗号が。ピーターからあるものを託されたラングドンは、CIA保安局局長から、国家の安全保障に関わる暗号解読を依頼されるが。

④インフェルノ

フィレンツェの病院で目覚めたラングドン教授は、ここ数日の記憶がないことに動揺していた。そこに何者かが襲いかかる。医師シエナと逃げ出したラングドンは、ダンテ『神曲』〈地獄篇〉に手がかりがあると気付くが。

⑤オリジン

宗教象徴学者ラングドンは、スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館を訪れていた。元教え子のカーシュが、“われわれはどこから来たのか”“われわれはどこへ行くのか”という人類最大の謎を解き明かす衝撃的な映像を発表するというのだ。カーシュがスポットライトを浴びて登場した次の瞬間、彼は額を撃ち抜かれて絶命した。カーシュ暗殺は、宗教界によるものか? もしくは、スペイン王宮の差し金か? かくして、誰も信用できない中で、ラングドンと美貌の美術館館長・アンブラは逃亡しながら、人工知能ウィンストンの助けを借りて謎に迫る!

海外小説
スポンサーリンク
15,000STEPS