葉室麟「陽炎の門」黒島藩シリーズ読む順番【山月庵茶会記】

スポンサーリンク

黒島藩シリーズ読む順番は?

葉室麟さんの小説「陽炎の門」黒島藩シリーズ読む順番まとめ。

黒島藩シリーズ読む順番
①陽炎の門
②紫匂う
③山月庵茶会記
黒島藩シリーズは3巻まで刊行されています。
「山月庵茶会記」の文庫本は2017年4月発売。

黒島藩シリーズあらすじは?

①陽炎の門

下士上がりで執政に昇り詰めた桐谷主水。執政となり初登城した日から、忌まわしい事件が蒸し返され、人生は暗転する。己は友を見捨て出世した卑怯者なのか。三十半ばにして娶った妻・由布は、己の手で介錯した親友の娘だった。自らの手で介錯した親友の息子・喬之助が仇討ちに現れて窮地に至る主水。事件の鍵となる不可解な落書の真相とは――武士の挫折と再生を切々と訴える傑作。

②紫匂う

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。今、ここで、心のままに生きられたなら――。直木賞作家が描く、人妻の恋。日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。全国17紙に掲載された大人気連載!

③山月庵茶会記

かつて政争に敗れた柏木靫負(ゆきえ)が、千利休の流れを汲む高名な茶人となって国に帰ってきた。孤狼の心を胸に秘めた男は、家督を養子に譲り、山裾の庵で隠遁生活を送る。今日も山月庵に客を招く。派閥抗争の最中に喪った、妻の死の真実を知るために。これぞ直木賞作家の真骨頂! 静かなる闘争の記。

続編小説
スポンサーリンク
15,000STEPS