神永学「怪盗探偵山猫」シリーズ読む順番【完結】

スポンサーリンク

怪盗探偵山猫シリーズ読む順番は?

神永学さんの小説「怪盗探偵山猫」シリーズ読む順番まとめ。

怪盗探偵山猫シリーズ読む順番
①怪盗探偵山猫
②怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス
③怪盗探偵山猫 鼠たちの宴
④怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌
⑤怪盗探偵山猫 月下の三猿
⑥怪盗探偵山猫 深紅の虎

シリーズは6巻で完結しています。

怪盗探偵山猫シリーズあらすじは?

①怪盗探偵山猫

闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫──出版社社長が殺された。容疑者は“山猫”と呼ばれる謎の窃盗犯。世間をにぎわすこの怪盗の信条は“人を殺めないこと”のはずが、一体なぜ!? ライターの勝村は事件を追い始めるが……!? 平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!? 鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る、謎の窃盗犯“山猫”の最初の大仕事。

②怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス

“悪人”に天誅を下す「ウロボロス」と名乗る謎の集団の取材を進めていた雑誌記者・勝村。取材中に陥ったピンチを救ったのは、あの男だった!?――爽快ピカレスク・アクションミステリ。

③怪盗探偵山猫 鼠たちの宴

鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる! 姉を想う妹、新興宗教の教祖、夢を追うバンドマン、鬼と化した刑事。怒り、疑念、夢、そして執念。四つの“想い”が、炎を燃やす。痛快ピカレスク・ミステリー、四つの物語。

④怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌

先輩から詐欺に加担させられた大学生の山野井羊。内部告発しようと会社に忍び込むも、恋人が人質になってしまう。窮地に陥った彼を救ったのは――。新時代のダークヒーローが活躍するアクションミステリ。

⑤怪盗探偵山猫 月下の三猿

猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助けた勝村。少女は猿の娘と名乗り、父が遺したある物を見つけるために山猫を探しているという。かつて世間を賑わした窃盗団・三猿が関係しているらしいが……。

⑥怪盗探偵山猫 深紅の虎

希代の窃盗犯山猫と雑誌記者の勝村はシステム会社ビルドに侵入した。だが、現場に残したはずの犯行声明が消え、勝村も拉致される。深紅の虎と名乗る男が山猫を付け狙い――? 絶体絶命の危機を迎えるシリーズ最終巻