逢坂剛「しのびよる月」御茶ノ水警察署シリーズ読む順番【地獄への近道】

スポンサーリンク

御茶ノ水警察署シリーズ読む順番は?

逢坂剛さんの小説しのびよる月「御茶ノ水警察署」シリーズ読む順番まとめ。

御茶ノ水警察署シリーズ読む順番
①しのびよる月
②配達される女
③恩はあだで返せ
④おれたちの街
⑤大迷走
⑥地獄への近道

現在6巻まで刊行されています。

最新刊は「地獄への近道」。

2021年5月発売。

御茶ノ水警察署シリーズあらすじは?

①しのびよる月

御茶ノ水署・生活安全課保安二係は斉木斉と梢田威だけの小世帯だった。小学校の同級生が御茶ノ水署で再会する。がき大将だった梢田が斉木をいじめた過去があった。それがいまでは斉木警部補と梢田平刑事。復讐に燃える斉木は、ことごとく梢田の出世を妨害し、日常業務に文句をつける。口論しながら推理も続け、神田お茶の水界隈の難事件迷事件を解決していく。ユーモア・ポリス・ストーリー。

②配達される女

御茶ノ水署・生活安全課保安二係の斉木係長とヒラ刑事の梢田は、飲食店視察の名目でタダ酒にありつくような、お調子者コンビ。そんな二人のもとに、堅物刑事・五本松小百合が配属される。女で、しかも階級が上の後輩に頭が上がらない梢田。一方、斉木は町で見かけた、派手な厚化粧の女に恋心を募らせていくが――。お茶の水界隈で繰り広げられる、恋と事件の大迷走。人気ミステリシリーズ第2弾。

③恩はあだで返せ

出世なし。女もなけりゃ、金もなし。そんな御茶ノ水署・生活安全課の斉木係長と梢田刑事。頻発する珍事件を追って、今日もふたりは街を駆けまわる。トンデモ売春組織の謎、路上でハンコを押し売りする男の秘密、超高値の古本をめぐる詐欺の真相……。お調子者で失敗ばかりのダメコンビが、体当たりで事件を解決していく―。大人気ユーモア・ミステリシリーズ第3弾!

④おれたちの街

ヒマさえあればタダ飯目当ての管内視察と一発狙いのパチスロ通い。ご存じ御茶ノ水署の斉木と梢田のもとにイケメンキャリアの立花信之介が配属された。曲者だらけの生活安全課だが、見た目はおぼっちゃまの立花もどうやら一癖も二癖もありそうで……。はたしてこの新メンバーは、暴走・迷走つづきの凸凹コンビのカンフル剤となるのか、それとも!? 街を騒がす難事件の数々を描くシリーズ第4弾。

⑤大迷走

大学生の覚醒剤取り引きが発生!? 大学教授を名乗る男からのタレコミを受けて、御茶ノ水署の迷コンビ、斉木と梢田はことの真偽を確かめるべく捜査に乗り出す。覚醒剤の製造場所はどこか、元締めは誰なのか、ブツの受け渡し方法は? ペットクリニック、レンタルボックス、動物の縫いぐるみ、全ての点が結びついたとき、思いもよらぬ真相が発覚して――。神保町界隈を駆け巡るシリーズ初長編!

⑥地獄への近道

お馴染み御茶ノ水署生活安全課保安二係の迷コンビ、斉木&梢田がまたも駆け回る! 神保町に新たにできたバーに、見回りと称してビールを飲みに入ったら、薬物取引の疑惑が突如浮上して……(「影のない女」)。最近できた映画館で流れるのは一日一作品限り、しかも何が流れるか分からない。その隠された理由とは(「地獄への近道」)。人気ユーモア・ミステリシリーズ第6弾。著者初のいきなり文庫!

続編小説
スポンサーリンク
15,000STEPS