逢坂剛「道連れ彦輔」シリーズ読む順番【居直り道中】

スポンサーリンク

道連れ彦輔シリーズ読む順番は?

逢坂剛さんの小説「道連れ彦輔」シリーズ読む順番まとめ。

道連れ彦輔シリーズ読む順番
①道連れ彦輔
②道連れ彦輔 居直り道中

現在2巻まで刊行されています。

最新刊は「道連れ彦輔 居直り道中」。

単行本が2021年3月発売。

道連れ彦輔シリーズあらすじは?

①道連れ彦輔

なりは素浪人だが、歴とした御家人の三男坊。権威や忠義が大嫌い、自分より弱い者には滅法強く、強い者には近づかない鹿角彦輔(かづのひこすけ)。そんな彦輔に道連れの仕事を見つけてくる藤八、蹴鞠上手のけちな金貸し・鞠婆など、個性豊かな面々が江戸を舞台に大活躍。コメディとシリアスが絶妙に合わさった傑作時代小説!

②道連れ彦輔 居直り道中

思ったよりもめんどうな旅になりそうだ。
素性も分からぬ美少女の道連れ(付き添い)で中山道を行く彦輔たち。
珍道中を襲う数々の難関! 敵の真の狙いとは!?
江戸の旅情あふれる傑作時代小説。

続編小説
スポンサーリンク
15,000STEPS