中山祐次郎「泣くな研修医」シリーズ読む順番

スポンサーリンク

「泣くな研修医」シリーズ読む順番は?

中山祐次郎さんの小説「泣くな研修医」シリーズ読む順番まとめ。

泣くな研修医シリーズ読む順番
①泣くな研修医
②逃げるな新人外科医 泣くな研修医2

「泣くな研修医」シリーズあらすじは?

①泣くな研修医

なんでこんなに無力なんだ、俺。

雨野隆治は25歳、大学を卒業したばかりの研修医だ。
新人医師の毎日は、何もできず何もわからず、上司や先輩に怒られることばかり。
だが、患者さんは待ったなしで押し寄せる。
初めての救急当直、初めての手術、初めてのお看取り。
自分の無力さに打ちのめされながら、がむしゃらに命と向き合い、成長していく姿を現役外科医が圧倒的なリアリティで描いた、感動の医療ドラマ。

②逃げるな新人外科医 泣くな研修医2

俺、こんなに下手クソなのにメスを握っている。命を託されている。

研修医・雨野の物語、待望の続編。文庫書き下ろし!

雨野隆治は27歳、研修医生活を終えたばかりの新人外科医。
二人のがん患者の主治医となり、奔放な後輩に振り回され、食事をする間もない。
責任ある仕事を任されるようになった分だけ、自分の「できなさ」も身に染みる。
そんなある日、鹿児島の実家から父が緊急入院したという電話が……。
現役外科医が、生と死が交錯する医療現場をリアルに描く、人気シリーズ第二弾。

続編小説
スポンサーリンク
15,000STEPS