C・J・ボックス「沈黙の森」 猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ読む順番

スポンサーリンク

猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ読む順番は?

C・J・ボックスさんの小説「沈黙の森」 猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ読む順番まとめ。

猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ読む順番
①沈黙の森
②逃亡者の峡谷
③凍れる森
④神の獲物
⑤震える山
⑥裁きの曠野
⑦フリーファイア
⑧復讐のトレイル
⑨ゼロ以下の死
⑩ 狼の領域
⑪ 冷酷な丘
⑫ 鷹の王
⑬ 発火点
⑭ 越境者

原作の刊行順に並べました。

2巻目の「逃亡者の峡谷」は電子書籍のみ。

現在14巻まで刊行されています。

最新刊は「越境者」。

2021年6月発売。

猟区管理官ジョー・ピケットシリーズあらすじは?

①沈黙の森

ワイオミング州猟区管理官ジョー・ピケット。気持ちは優しいが、州知事を偶然検挙してしまうような不器用な男。ある日裏庭で娘と見つけた死体は、かつて彼の銃を奪おうとした密猟者だった。次いでキャンプ場にも2人の死体が……。

②逃亡者の峡谷

猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ、ファン待望の未邦訳が電子書籍限定で配信!

ワイオミング州の山岳地帯で、カリスマ環境活動家のスティーウィ・ウッズが爆破された。
彼はジョーの妻・メアリーベスと大学時代に親しい仲だった。
事件の真相を追うと、さらなる不気味な団体の存在が……。

③凍れる森

新人賞独占!『沈黙の森』の猟区管理官シリーズ愛する山を血で汚す殺人鬼に心優しき男ジョーが挑む!心を揺さぶる現代のウエスタン!評論家・池上冬樹氏絶賛広大なワイオミング州の自然と家族を愛する猟区管理官ジョー・ピケットはエルクの大量殺戮現場に遭遇。違法ハンターを追い詰めるも、死体で発見する。森林局のキャリアウーマンと好戦的なFBI捜査官は、森でキャンプを張る反政府グループに目を付けるが。

④神の獲物

人工的に切断された動物、そして人間――心優しき猟区管理官ジョーが未知なる敵と対決する。まるで外科手術のような鮮やかさで切断されたへら鹿(ムース)の死体が発見された。次に家畜。ついには人間にも凶行が及び、森に現れたジャック・ザ・リッパーは、小さな町をパニックに陥れる。ワイオミングの大自然と家族をこよなく愛する猟区管理官ジョーが「自分の力を超えた」相手と対決する、好評シリーズ第3弾。

⑤震える山

猟区管理官、新天地へ!家族をこよなく愛する男が、同僚の死を追って峻険な山嶺へ単身で乗り込む。経験豊富な同僚が44マグナムをくわえて、引き金を引いた!?猟区管理官の鑑(かがみ)ともいえる男に何があったのか。後任としてジャクソンに赴任したジョーの前には、未知なる大自然が危険と美しさを湛えて広がっていた。家族とホームタウンを愛する男が新天地での犯罪に挑む。MWA賞作家のベスト作品にして米国ミステリーの頂点。好評シリーズ第4弾!

⑥裁きの曠野

MWA賞作家が描く、現代の傑作ウェスタン!失踪した女牧場主の莫大な遺産をめぐって憎悪を募らせる息子たち。否応なく巻き込まれた猟区管理官ジョーにさらに邪悪な復讐者の攻撃が迫り、愛する娘も危険にさらされていく。ジョーは大切な家族を守りきれるのか? ワイオミングの大自然を舞台に不器用だが熱い男の孤独な闘いを描く好評シリーズ第5弾。

⑦フリーファイア

マイクル・コナリー絶賛!!「新鮮で、魅力的で、新たな分野を開拓した」「息もつかせぬ冒険へと読者を引きずりこむ」――ニューヨーク・タイムズ・ブック・レビューほか バッファローも即死する熱泉、法律の抜け穴がある州境、環境保護団体の過激活動。矮小な人間たちと大自然のダイナミズムが生み出す超一級必読ミステリー!

⑧復讐のトレイル

ワイオミング州で狩猟中のハンターが惨殺される連続事件。現場に残されていた赤いポーカーチップの意味は。好評猟区管理官シリーズ!

⑨ゼロ以下の死

あの日死んだはずの我が娘同然だった少女からの連絡―。巨大キャンピングカーを所有する老夫婦と結婚式前夜の富豪カップルの射殺事件が起き、猟区管理官ピケットはその少女が犯人たちと一緒にいるらしいことを知る。大自然、父と息子、家族の絆。全米を代表する人気作家が贖いをテーマに描くサスペンス。

⑩ 狼の領域

猟区管理官ピケットが発見した山中に暮らす不穏な雰囲気の兄弟。ピケットを目の敵にし闘いをしかけてくる兄弟に、窮地に追い込まれる。

⑪ 冷酷な丘

大人気の冒険サスペンス、猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ、新展開へ!ジョーの義父が風力発電の事業に乗り出した途端、何者かによって殺害されタービンに吊るされた。逮捕されたのはジョーと折り合いの悪い義母のミッシー。妻に懇願されてジョーが真犯人を探っていると、風力発電をめぐる裏事情が明らかに。一方、ジョーと深い繋がりを持つ鷹匠ネイトの隠れ家が何者かによってロケット弾で爆破される。

⑫ 鷹の王

猟区管理官ジョー・ピケットの危機をこれまで何度も救った盟友、ネイト。鷹匠になる前の隠された経歴が原因で、不都合な過去を隠蔽する謎の組織が次々と刺客を送ってきた。ジョーの家族にも危険が及び、二人は見えない敵に立ち向かう。全米で大人気の冒険サスペンス最新作。

⑬ 発火点

猟区管理官ジョー・ピケットの知人、ブッチが失踪。彼の所有地からは2人の男の射殺体が発見されていた。殺害されたのは連邦政府環境保護局の特別捜査官で、ブッチは同局から不可解かつ冷酷な仕打ちを受けていた。ジョーは、狩りの名手で山を知り尽くしているブッチを追うが……。大自然を舞台に展開される予測不可能な追跡劇の行方と、事件に隠された巧妙な陰謀とは。手に汗握り、一気読み間違いなしの大迫力冒険サスペンス!

⑭ 越境者

猟区管理官の職を辞したジョーは、知事の意向で現場に復帰していた。新たな任務として、大製薬会社の跡取りであるスコギンズ失踪事件の調査を始める。彼は暗殺業を営んでいると思しきテンプルトンの標的にされた可能性があった。さらにスコギンズ失踪当時、ジョーの友人のネイトらしき男が現場近くで目撃されていた。ジョーはFBIと協力し、現地へ赴くが……。盟友ネイトと敵対!? 大人気冒険サスペンス、猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ最新作!

海外小説
スポンサーリンク
15,000STEPS