麻見和史「警視庁公安分析班」シリーズ読む順番【偽神の審判】

スポンサーリンク

警視庁公安分析班シリーズ読む順番は?

麻見和史さんの小説「警視庁公安分析班」シリーズ読む順番まとめ。

警視庁公安分析班シリーズ読む順番
①邪神の天秤 警視庁公安分析班
②偽神の審判 警視庁公安分析班

現在2巻まで刊行されています。

最新刊は「偽神の審判 警視庁公安分析班」。

2021年5月12日発売。

警視庁公安分析班シリーズあらすじは?

①邪神の天秤 警視庁公安分析班

「日本の警察に何ができる? あいつらは無能だよ」爆破事件の最中、有力政治家殺害事件が発生。遺体からは臓器が抜かれ、心臓と羽根を乗せた天秤が残されていた。公安部に異動したばかりの刑事・鷹野秀昭は、持ち前の推理力で不可解な事件と向き合おうとするが、周囲から、公安には公安のやり方があると一蹴されてしまう。秘密主義が蔓延る公安で、打つ手はあるのか? 十一係<殺人分析班>シリーズと対をなす弩級の新シリーズ開幕!

②偽神の審判 警視庁公安分析班

公安部に異動したばかりの刑事・鷹野秀昭。持ち前の推理力で不可解な事件と向き合おうとするが、周囲から、公安には公安のやり方があると一蹴されてしまう。秘密主義が蔓延る公安で、打つ手はあるのか? 十一係<殺人分析班>シリーズと対をなす弩級の新シリーズ第2弾!