渡辺裕之「911代理店」シリーズ読む順番【ギルティ―】

スポンサーリンク

911代理店シリーズ読む順番は?

渡辺裕之さんの小説「911代理店」シリーズ読む順番まとめ。

911代理店シリーズ読む順番
①911代理店
②911代理店 2 ギルティ―

現在2巻まで刊行されています。

最新刊は「911代理店 2 ギルティ―」。

2021年7月発売。

911代理店シリーズあらすじは?

①911代理店

「911」──米国は日本と違い、警察、消防、救急の区別なく、緊急事態は全てこの番号に電話を掛ける。そこで必要な対応を決定するのだ。「株式会社911代理店」はそれを日本で行うことを目的とする。恋人をテロで失い自棄になっていた元スカイマーシャルの神谷隼人は、ある出来事を契機にそこに勤めることに。しかし元悪徳警官と名高い社長をはじめ、元詐欺師に現天才ハッカーなどと、社員は皆一癖も二癖もあって? 正義とは何かを問う、痛快アクション!

②911代理店 2 ギルティ―

「911」──米国での緊急事態は全てこの番号に電話を掛ける。
「株式会社911代理店」はそれを日本で行うことを目的とした民間企業である。
そこに勤める元スカイマーシャルの神谷隼人は、ある日元悪徳警官と名高い社長の岡村が政治家の車に乗っているのを目撃した。
翌日、その代議士が火事で死亡し、岡村が消えた⁉元爆弾魔、元掏摸師、天才ハッカーら、社員の能力を生かし、神谷は事件の謎を追う!
ふざけた〝正義〟に鉄槌を。痛快アクション第二弾!

続編小説
スポンサーリンク
15,000STEPS